2010年02月22日

直接支払制度の猶予継続を検討―厚労省(医療介護CBニュース)

 厚生労働省は2月21日までに、出産育児一時金の直接支払制度について、猶予期限継続の検討に入った。昨年10月から導入予定だった同制度は、産科医療機関から資金繰りが苦しくなると反発の声があり、3月まで猶予されている。

 直接支払制度では、出産育児一時金42万円が、出産する人ではなく産科医療機関に、保険者から直接支払われる。医療機関の請求は退院の翌月10日で、支払いは翌々月の5日ごろ。通常分娩は保険適用外で、医療機関はこれまで出産時に支払いを受けていたが、退院が11日だった場合、支払いは2か月後の5日ごろになる。

 厚労省はこれまでに、医療機関の請求日を10日だけでなく下旬にも設けることで、支払いまでのタイムラグを縮める考えを示していた。保健局総務課の担当者は、「猶予の継続と、月2回請求のどちらをやるか、両方をやるかも含めて、まさに検討中という段階だ」としている。


【関連記事】
日産婦学会が直接支払制度の廃止を要望
直接支払制度の猶予延長を要望―保団連
出産育児一時金の月2回請求を検討―厚労省
出産育児一時金「直接支払」を半年間猶予
「直接支払」猶予で事務連絡―出産育児一時金

<人権活動家>上海に到着、入国許可される(毎日新聞)
業界つなぎ留めろ…自民、各種団体と懇談(読売新聞)
鉄道マニアが電車止める(スポーツ報知)
【十字路】車いすでちんどんビジネス(産経新聞)
<児童福祉法>親権制限導入見据え、改正作業着手へ(毎日新聞)
posted by ともみん at 12:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月21日

元実習助手を児福法違反で逮捕=高校生にみだらな行為−群馬県警(時事通信)

 女子高校生にみだらな行為をしたとして、群馬県警少年課は17日、児童福祉法違反容疑で県立高校の元実習助手の男(36)を逮捕した。同課によると、「申し訳ないことをした」と容疑を認めているという。
 県教育委員会によると、元助手はこの生徒とは別の女子生徒2人にもわいせつな行為をしていたといい、同課はほかの被害状況についても調べる方針。3人のうち2人は勤務先の学校の生徒という。
 逮捕容疑は昨年11月初旬、県内のホテルで、女子生徒が18歳未満と知りながら、みだらな行為をした疑い。同課は「被害者保護の観点から、容疑者の氏名、住所は公表しない」としている。 

銀銅獲得!スピードスケートスーツはスケてません!(スポーツ報知)
選択的夫婦別姓「絶対に反対」 亀井代表、改めて表明(産経新聞)
永田死刑囚 脳腫瘍悪化(産経新聞)
<著作権代行会社>訴訟あっせんで報酬か 非弁活動容疑(毎日新聞)
<皇太子ご夫妻>ノーベル平和賞のマータイさんと懇談(毎日新聞)
posted by ともみん at 20:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月20日

郵便局長の定年延長を検討=亀井担当相(時事通信)

posted by ともみん at 10:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。