2010年03月16日

三笠宮さまが入院(時事通信)

 宮内庁は16日、三笠宮さま(94)が白内障の手術を受けるため同日午前、東京都中央区の聖路加国際病院に入院されたと発表した。17日に手術を受け、18日に退院される予定。 

農地を無許可転用=民主・輿石氏の自宅土地−神奈川(時事通信)
プロテカジンに逆流性食道炎の適応追加―大鵬薬品工業(医療介護CBニュース)
渋谷の路上で首にはさみ刺す クラブでトラブルか(産経新聞)
舛添氏「新党つくるなら与謝野氏が先」(読売新聞)
宿泊客男女4人が軽症=ビジネスホテル火災−東京(時事通信)
posted by ともみん at 15:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月13日

元三菱商事社員を再逮捕 融資金名目で1億1千万詐取容疑(産経新聞)

 東京電力からの業務受注を装いリース大手のオリックスから融資金をだまし取った事件で、別の会社からも約1億1千万円を詐取したとして、警視庁捜査2課は6日、詐欺などの疑いで、三菱商事元社員でコンサルタント会社「アクシー」社長、松本一輝被告(51)=同罪などで起訴=を再逮捕した。同課によると、松本容疑者は容疑を否認している。同課は松本容疑者が計6社から計約8億円をだましとった疑いがあるとみている。

 同課の調べによると、松本容疑者は不動産仲介会社「シンエステート」(中央区)に東北地方のケーブルテレビ局の買収話を持ちかけ、「近日中にオリックスから1億6千万円が入金されるので確実に返済できる」などとうそをつき、平成21年2月上旬、融資金名目で約1億1千万円を詐取した疑いが持たれている。

 同課によると、松本容疑者は交渉の際、不動産仲介会社側に元三菱商事社員だったことなどを強調し、信頼させていた。

【関連記事】
同僚→共同経営者→巨額詐欺の共犯… 東電&三菱商事OBは、こうしてオリックスを手玉に取った
融資金名目で2億5千万円詐取 東電元幹部ら逮捕 警視庁
バルチック社に賠償命令 中国投資話で詐取認定
ゴルフ会員権詐欺容疑で元社長ら再逮捕
マンション修繕で1100万円詐取 容疑の弘道会傘下組長ら逮捕
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

<中2自殺>「いじめ確認できず」…東京・清瀬市教委(毎日新聞)
<B型肝炎訴訟>札幌地裁が和解勧告 全国で初(毎日新聞)
政治団体の不動産保有、陸山会突出…9億円超(読売新聞)
統幕学校卒業式 田母神氏の出席拒否 招待一転、防衛省が圧力?(産経新聞)
ペコちゃん“誘拐”17体、2府4県で被害(読売新聞)
posted by ともみん at 01:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月11日

在宅だけでは「限界」―全国老施協・中田会長(医療介護CBニュース)

 全国老人福祉施設協議会(全国老施協)は3月9日、社会保障制度についてのセミナーを東京都内で開いた。この中で「介護保険制度これからの課題」をテーマに講演した中田清会長は、「在宅、在宅と言うが、在宅(での生活)には限界がある」と指摘した上で、施設整備の重要性を訴えた。

【複数の写真が入った記事】


 中田会長は、現在の国の介護や福祉に対する政策の流れについて、「いわゆる脱施設、特養解体、在宅偏重路線というのは間違いない」との認識を示した。一方で、在宅サービスについては、家族介護の存在が前提であり、「家族が何らかの形でかかわっていなければ、今の在宅サービスで要介護4、5の重度の方が生活をするのは難しい」と指摘し、「特養整備を全国老施協としても訴えていく」と強調した。
 また、介護事業者が今後取り組むべき課題としては、▽魅力ある職場づくり▽高品質サービスの構築▽地域貢献―の3点を挙げた。

 また、全国老施協常任顧問の中村博彦自民党参院議員は、「現場の風が制度をつくる―苦闘10年を振り返って」と題して講演した。中村氏は、「日本の介護が輸出品になる」とした上で、今後はアジアの介護人材との連携が必要と指摘。現在、インドネシアやフィリピンから受け入れている外国人介護福祉士候補者については、「介護現場に活を入れる存在」との認識を示した。その上で、「アジアの介護職と共に手を結んでこそ、日本の介護が明るく楽しいものになる」と述べた。
 また介護職員の「キャリアパス」については、それぞれの事業者がどう構築すべきかを考えるべきとし、「(2012年度から始まる)第5期の事業計画に展開していかないと『負け事業体』『負け社会福祉法人』になる」と警鐘を鳴らした。

■高齢化は「ビジネスチャンス」―国際基督教大・八代教授
 また、「社会保障の展望―規制改革の課題」と題して講演した国際基督教大教授の八代尚宏氏は、75歳以上の高齢者の数について、「(2030年まで)毎年45万人増えることになる」と指摘。このことが、社会保障にとっては「負担」とする一方で、「高齢化を負担と考えずに、ビジネスチャンスと考える必要がある」との認識を示した。
 その上で、介護を「画一的な福祉」から「多様な個人消費」に変えることが重要と指摘。介護保険で標準的なサービスを提供する一方で、裕福な人については高付加価値、高価格の介護サービスを自由に購入できるよう制度を改め、介護サービスの質向上や雇用の創出などを目指すべきと主張した。


【関連記事】
社会福祉法人、「加算取得に医療法人と差」―全国老施協・中田会長
介護ロボット、現場の手助けまで「あと一歩」
「介護・福祉に光が差した一年」―09年回顧と10年の展望 全国老人福祉施設協議会・中田清会長
「サービスの質は介護職員の力で高まる」―全老施協シンポで中田会長
24時間巡回型の訪問ケアがポイントに―宮島老健局長

ボラ、マダイ並みのおいしさ!? =脂乗って今が食べごろ(時事通信)
ブルトレ「北斗星」は安泰! JR東がEF510形電機を公開(産経新聞)
千葉・東金の女児殺害「物証中心の審理を」 障害者団体が申し入れ(産経新聞)
船形山遭難 「判断に甘さあった」救助された男性(毎日新聞)
公金800万円プール 大阪・高槻市交通部 余剰金でマッサージチェア(産経新聞)
posted by ともみん at 04:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。