2010年06月18日

参院代表質問 菅首相、在任中は靖国神社参拝せず(毎日新聞)

 菅直人首相は15日、参院本会議で行われた代表質問で、靖国神社参拝について「個人的には何度も参拝したことはあるが、靖国神社にはA級戦犯が合祀(ごうし)され、首相や閣僚の公式参拝は問題があると考えており、首相在任中に参拝するつもりはない」と明言した。憲法改正では「内閣の喫緊の課題とは現在考えていない。経済と国民生活を立て直すことが第一」と述べ、慎重姿勢を示した。

 宮崎県で広がる口蹄疫(こうていえき)問題に関しては「(政府対応に)問題点があり、反省すべき点もある」と認めた上で「自衛隊の増派も含めて対応する」と述べ、被害拡大防止に万全を期す考えを強調した。

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題では、県知事が海域の埋め立てを許可しない場合に備え、許可がなくても代替移設が建設できるようにする特別措置法を制定する可能性について「念頭に全くない」と否定した。

 企業・団体献金の扱いについては「全面禁止することによって、不透明さや不祥事の再発を防止すべきだ。速やかに(与野党の)協議機関を設置し、建設的な議論をしていただきたい」と述べ、政治資金規正法改正に意欲を示した。

 自民党の西田昌司、佐藤正久、林芳正の3氏、新党改革の舛添要一代表への答弁。【野原大輔】

【関連ニュース】
菅首相:早期衆院解散を否定 参院代表質問
普天間:日米声明踏襲 菅首相、沖縄知事と初会談
菅首相:普天間問題ノータッチ、鳩山氏の意向で
参院選:菅首相「現有議席確保がまず目標」
菅首相:沖縄県知事と15日に会談

<国会会期>郵政改革法案で民主、国民新両党の調整つかず(毎日新聞)
家族会からの要請文に菅首相「はい。はい」(産経新聞)
普天間移設 「声明踏襲」に「遺憾」 首相、沖縄県知事と会談(産経新聞)
山田農水相 口蹄疫早期終結へ全力(産経新聞)
<人事>上毛新聞社(毎日新聞)
posted by ともみん at 08:30| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。