2010年01月28日

名実逆転のデフレ続く=10年度経済見通しを閣議決定(時事通信)

 政府は22日の閣議で2010年度の国内総生産(GDP)の成長率を実質1.4%、名目0.4%とする経済見通しを決定した。いずれも3年ぶりのプラス成長だが、物価変動の影響を除いた実質が、生活実感に近い名目を上回る「名実逆転」のデフレ経済が続くと見込んでいる。
 経済見通しは昨年末に閣議了解されたが、今回はGDPのうち公共投資の試算を追加、実質9.5%減、名目9.8%減の大幅減となった。これは事業費の削減と09年度の大幅拡大の反動によるもので、名実ともに04年度に次ぐ過去2番目の下落率となる。 

【関連ニュース】
今春闘、厳しい交渉に=GDP2位の意識捨て去れ
10年の世界経済、2.7%成長=日本は1.3%
経済・物価見通しを点検=25日から決定会合
景気判断据え置き=住宅は「持ち直し」に上方修正
世界の注目指導者3位に小沢氏=失脚しなければ影響力強化

閣僚や民主のヤジは「最後っ屁」「破れ蓄音機」 自民・大島氏が批判(産経新聞)
中学生書き初め276点ズラリ(産経新聞)
陸自施設部隊をPKO派遣へ 道路復旧など支援 ハイチ大地震(産経新聞)
<国会>衆院で各党が代表質問 野党が「政治とカネ」を追及(毎日新聞)
橋下知事が「神戸空港は失策」(産経新聞)
posted by ともみん at 11:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。